市内の某所に植栽されたアオダモ(コバノトネリコ)を見に行きました。白くて涼やかな花で株立ちが綺麗なので、毎年4月20日頃ここを訪れます。自然の植生では県北あたりまで行かないとみられないと思います。葉にギザギザ(鋸歯)のないマルバアオダモは散在が池(鎌倉湖)、十二所果樹園~逗子の久木大池にかけて生えていますが、木の上部にしか咲かない涼やかなこの花に気づく人は意外に、少ないのではないかと思われます。さらに最近は玄関脇に近縁のシマトネリコをシンボルツリーとして植えていらっしゃるお宅が増えてきましたが、こちらの自然分布は南日本で常緑です。ここは四季折々に色々な花が楽しめます。シャクナゲは盛りをすぎていました。

Comments are closed.